スキル革命を実現するには
どうすればいいのか

大崎邦彦(おおさき・くにひこ)
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部 マネジャー
首都大学東京大学院理工学研究科 博士前期課程修了。2009年 アクセンチュア入社。官公庁、製造業、金融機関、メディア企業など幅広い業界において、事業戦略、組織・ガバナンス改革、営業改革、人材戦略等のコンサルティングに従事。組織・人材プラクティスのコアメンバーとしてHR Tech、HR Analytics等のソリューション開発にも関わっている。

「今の労働者は、自社固有の知識やスキルの習得ばかりに励み、より本質的な知識、スキルの習得に注力できていません。そこで、下図のようにスキルを知識ベースか技能ベースか、自社固有か会社横断かで分類し、見える化します。そのうえで、テクノロジーで効率を上げつつ、自社のコアなスキルに注力するようにします。AIやロボティクス・プロセス・オートメーションなどの技術は、コアスキルを効率よく身につけるために積極的に導入すべきです」(大崎氏)

 これらの課題を解決してスキル革命を推進するには、企業はどうすればいいのだろうか。

 アクセンチュア戦略コンサルティング本部の大崎邦彦マネジャーは、テクノロジーの活用と仕組みづくりが重要とし、実現するための「3つの改革テーマ」を挙げている。

 1つは「スキルを体系的に再構築(リスキル)」することだ。

 ある欧米の多店舗を持つ企業は、モバイルトレーニングアプリを活用し、日々の学習を日常業務の中に取り込むことで、スキル習得を加速させている。

「アプリには、季節ごとの売れ筋商品や、来店されるお客様に対してどういう会話から始めるべきなのか、こういうタイプのお客様はこんな商品を求めているといったレコメンド機能があるため、効率的に学習できます。それによって、より早く一人前になることができ、離職率も下がっています」(大崎氏)

出典:アクセンチュア