2008年4月号

多角化戦略の本質

「戦略経営の父」が半世紀前に指摘した

H・イゴール・アンゾフ :元 アライアント・インターナショナル大学 特別教授

H・イゴール・アンゾフ

元 アライアント・インターナショナル大学 特別教授

本稿は、イゴール・アンゾフが一九五七年に著したものである。いわく成長戦略は「市場浸透」「市場開拓」「製品開発」に加えて、「多角化」があるが、その勝手は少々違う。なぜなら、これまで蓄積してきたノウハウやドゥハウが通用せず、むしろこれらを忘れる必要がある場合が少なくないからだという。本稿では、多角化について、その選択肢や判断基準について解説するが、表現こそ異なれど、ビジョンや長期的目標、およびコンピタンスとの関連性、コングロマリット・ディスカウントとコングロマリット・プレミアム、不測の事態への備え、事業の相性(フィット)など、多角化にまつわる課題のほとんどについて言及している。

H・イゴール・アンゾフ元 アライアント・インターナショナル大学 特別教授

PDF論文:17ページ[約1,190KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない