2008年4月号

企業戦略の現実

経営者の仕事は戦略立案ではなく資源配分の最適化

ジョセフ・L・バウワー

ジョセフ・L・バウワー

ハーバード・ビジネススクール 教授

クラーク・G・ギルバート

クラーク・G・ギルバート

元 ハーバード・ビジネススクール 教授

GMのヨーロッパ子会社、オペルのトップに就任したルイス・ヒューズは、ライバルに遅れることなく、東ドイツへの足がかりを築くため、GM本社やヨーロッパ本部の許可を仰ぐことなく、独断専行で次々に意思決定を下し、みごと成功を収めた。この例のように、ビジネスの現場では、本社が描いた戦略に縛られることなく、リーダーの経験や事業環境などに応じて、資源配分が決められ、その状況にふさわしい戦略が生成されていく。インテルのメモリー事業、トヨタの〈エコー〉、WPPのバーチャル・カンパニーなどの事例から、ミドル・マネジャーが戦略に及ぼす影響力について検証すると共に、経営陣が果たすべき役割について解説する。

ジョセフ・L・バウワーハーバード・ビジネススクール 教授

クラーク・G・ギルバート元 ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,218KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない