2017年6月号

なぜ人は昇進すると横柄になるのか

権力のパラドックスを回避する3つの方法

ダッチャー・ケルトナー :カリフォルニア大学バークレー校 教授

ダッチャー・ケルトナー

カリフォルニア大学バークレー校 教授

権力の座に就くと、人は豹変する。昇進した人はそうでない人と比べて、傲岸不遜な態度を取ったり、不正行為をしたりする確率が3倍も高いという研究結果がある。こうした行為は周囲の人々のモチベーションやパフォーマンスを低下させ、企業にも悪影響を及ぼす。リーダーは誰もが、こうした「権力のパラドックス」に陥りやすい。本稿では、それを避けるために、リーダーが具体的に実践すべきことについて解説する。

ダッチャー・ケルトナーカリフォルニア大学バークレー校 教授

PDF論文:7ページ[約1,156KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない