2017年6月号

IoTエコシステムで競争優位を築く法

「SPOTマトリックス」を基点に勝利への道筋を描く

重松 路威

重松 路威

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

ロバート・浩・マティス

ロバート・浩・マティス

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

IoT時代の本格的な到来が迫り、多くの経営者がIoT関連事業に取り組む重要性を理解している。ただ同時に、何をすべきかわからずに頭を抱えるだけの経営者も多い。そうした中、自社が進むべき道を決めるうえで重要なキーワードが「エコシステム」である。テクノロジーの進歩が加速し、自社に関わるすべての技術を網羅して、単独でビジネスを完結することがより困難になるため、他社と協働する仕組みをいかに築くかという視点は欠かせない。本稿では、マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントとしてIoTの事業化に長らく携わってきた筆者らにより、IoT時代のエコシステムの概要と、その中で圧倒的な勝利を収めるためのフレームワークが提示される。

重松 路威マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

ロバート・浩・マティスマッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない