2008年4月号

戦略の核心

戦略は問題解決の道具ではない

シンシア・A・モンゴメリー :ハーバード・ビジネススクール 教授

シンシア・A・モンゴメリー

ハーバード・ビジネススクール 教授

戦略とは、企業を永続的に発展させるツールと考えられていた。ところがその後、分析の傾向が強まり、解決策を提供するツールへと変わった。我々は戦略と戦略家について問い直すべきではないか。そのためには、まず「企業目的とは何か」について自問自答する必要がある。企業目的は、その企業の原点とはいえ、IBMやアップルの再生が教えるように、時代や環境によって変わりうる。当然、戦略も戦略家の仕事も変わる。にもかかわらず、競争ゲームの計画やコーチに成り下がってしまった。ハーバード・ビジネススクールの戦略研究のリーダーが戦略と戦略家のあり方について、読者にあらためて問う。

シンシア・A・モンゴメリーハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:11ページ[約1,048KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない