2017年5月号

ロジカルに壮大なビジネスを描く

Inventing the Future:未来をつくる(6)

大江栄年

大江栄年

これからの時代は「インターネット×何かになる」。レシードの大江栄年氏が考えた何かは、ものづくりのオーダーメイドのプラットフォームだった。ミュージシャン、3度の起業など、数々の経験からビジネスの仕組みを磨いてきた大江氏が描く未来図とは何か。

大江栄年

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない