2008年5月号

【第一一回】電卓の誤算

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

後発ながらも価格面で他社を圧倒する家庭用電卓〈オムロン800〉を開発したが、オイル・ショックと過当競争によって、この電卓事業が大きな足かせとなり、二五年ぶりに赤字に陥る。その後、マッキンゼーの大前研一と出会い、V字回復を果たす。そして一九七九年(昭和五四年)、大前の進言もあり、一真は社長を退く決断を下した。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない