2017年5月号

組織エコロジー理論 変化の時代にこそ必要な「超マクロ」の時間軸

世界標準の経営理論(32)

入山 章栄 :早稲田大学ビジネススクール 准教授

入山 章栄

早稲田大学ビジネススクール 准教授

生態系は一つの大きな「生物の社会システム」で、生物をその一員ととらえるのが、生態学である。世界標準の経営学には、企業を大きな社会システム(生態系)の一員と見なし、生態学の知見を応用する分野がある。今回は、なかでも最もよく知られる組織エコロジー理論を取り上げ、個体である企業の生死のメカニズムを探る。

入山 章栄早稲田大学ビジネススクール 准教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない