2017年5月号

人間は機械へと進化する

情動が知性を生み、知性は技術を進歩させる

石黒 浩 :大阪大学大学院 教授

石黒 浩

大阪大学大学院 教授

「人間とは何か」。大阪大学の石黒浩教授は、アンドロイドのR&Dを通して、この根源的な問いと正面から向き合い続けている。石黒氏は、知性とは、未知を既知に変えるためにモデリングする力であると定義する。そして、そうした行為はさまざまな技術の進歩をもたらし、人間の進化を促し、最終的に人間の肉体を完全なる無機物、すなわちロボットへと生まれ変わらせる未来につながるという。本稿では、人間の知性がもたらす大いなる可能性が論じられる。

石黒 浩大阪大学大学院 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない