2017年5月号

リーダーは「二者択一」の発想を捨てよ

【リーダーシップ】矛盾を受け入れる動的均衡のマネジメント

ウェンディ K. スミス

ウェンディ K. スミス

デラウエア大学 アルフレッド・レーナー・カレッジ・オブ・ビジネス・アンド・エコノミクス 准教授

マリアンヌ W. ルイス

マリアンヌ W. ルイス

シティ大学 ロンドン・カス・ビジネススクール 学部長

マイケル L. タッシュマン

マイケル L. タッシュマン

ハーバード・ビジネス・スクール教授

変革か安定か、長期的成長か短期の業績向上か、株主重視か従業員重視か。経営には相容れない異なる課題がつきもので、たえずパラドックスに見舞われる。そんな中、ぶれない一貫性で組織をまとめる時代ではなくなった。それは軍隊的な組織の遺物である。変化の激しいいま、リーダーは一貫して「ぶれる」経営をすべきであり、それは組織に動的均衡をもたらすことだ。本稿では、今日の経営者にとって必要なのは、「二者択一」の発想を捨てて、パラドックスを受け入れることであることを示し、組織の統合と分離をどのように進めるかを具体的に説く。

ウェンディ K. スミスデラウエア大学 アルフレッド・レーナー・カレッジ・オブ・ビジネス・アンド・エコノミクス 准教授

マリアンヌ W. ルイスシティ大学 ロンドン・カス・ビジネススクール 学部長

マイケル L. タッシュマンハーバード・ビジネス・スクール教授

PDF論文:11ページ[約861KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない