2017年5月号

意思決定の「ノイズ」

【意思決定】企業の知られざる大損失

ダニエル・カーネマン

ダニエル・カーネマン

プリンストン大学 名誉教授

アンドリュー M. ローゼンフィールド

アンドリュー M. ローゼンフィールド

TGGグループ CEO

リネア・ガンジー

リネア・ガンジー

TGGグループ マネージングディレクター

トム・ブレイザー

トム・ブレイザー

TGGグループ マネージングディレクター

人の判断力はあてにならない。医師や裁判官、経営者など、訓練や経験を積んだプロフェッショナルも、その時の気分やお腹の減り具合、天候などさまざまな要因の影響を受け、判断がぶれる。同じ人に同じ案件を別の日に検討させると、前回と異なる判断を下すケースが実に多い。こうした判断の不安定さを「ノイズ」と呼ぶ。企業はノイズにより多大な損失を被っているが、ほとんど認識されていない。本稿では、まず自社のノイズを把握することから始め、それを減らす方法を具体的に提示する。

ダニエル・カーネマンプリンストン大学 名誉教授

アンドリュー M. ローゼンフィールドTGGグループ CEO

リネア・ガンジーTGGグループ マネージングディレクター

トム・ブレイザーTGGグループ マネージングディレクター

PDF論文:12ページ[約1,541KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない