2008年5月号

バイオスフィアの法則

環境経営の矛盾を突く

グレゴリー・C・ウンルー :サンダーバード国際経営大学院 リンカーン・センター・フォー・エシックス・イン・グローバル・マネジメント ディレクター

グレゴリー・C・ウンルー

サンダーバード国際経営大学院 リンカーン・センター・フォー・エシックス・イン・グローバル・マネジメント ディレクター

事業のサステナビリティを追求するならば、地球の「バイオスフィア」(生物圏)こそ最高の手本といえる。「原材料の種類をできるだけ減らす」「アップ・サイクルを実践する」「プラットフォームを最大限に活用する」という三つの法則を解説する。

グレゴリー・C・ウンルーサンダーバード国際経営大学院 リンカーン・センター・フォー・エシックス・イン・グローバル・マネジメント ディレクター

PDF論文:13ページ[約1,528KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない