2008年5月号

予測の技術

「不確実性の円錐」にマッピングする

ポール・L・サフォー :スタンフォード大学 コンサルティング准教授

ポール・L・サフォー

スタンフォード大学 コンサルティング准教授

予測は、予言や占いの類ではなく、また予想でもない。予測とは、あらゆる可能性の正体をつかむことであり、そこにはしかるべき論理が必ず存在しなければならない。当代きってのフォアキャスターの一人、ポール・L・サフォーが「不確実性の円錐」というマッピング手法に基づいて、具体的な例を交えながら、予測における六つのルールを紹介する。彼によれば、ドットコム・バブルの騒動や〈セカンドライフ〉の爆発的人気は想定の範囲内の出来事であり、またお掃除ロボット〈ルンバ〉はミニ・ロボット・ブームの兆候であるという。常識に基づいて、システマティックかつ体系的に考えることが予測であり、その結果、チャンスとリスクを特定できる。

ポール・L・サフォースタンフォード大学 コンサルティング准教授

PDF論文:14ページ[約1,491KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない