2017年4月号

年度末の人事査定はいまだ有効だ

人材育成の視点からの反論

ロリ・ゴーラー

ロリ・ゴーラー

フェイスブック 人事部門統括

ジャネル・ゲイル

ジャネル・ゲイル

フェイスブック 人事ビジネスパートナーズ統括

アダム・グラント

アダム・グラント

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

「年度末の人事査定はもういらない」と主張したピーター・カッペリら(p.78)に対し、その有効性を主張し反論するのは、フェイスブックの人事担当者と、アダム・グラントである。彼らは、業績評価の問題を認めつつ、いまだこれに代わる最善の手段はないと主張する。カッペリらが、人事査定は過去の業績評価に留まり人材育成に光を当てると主張したのに対し、アダム・グラントらも、同じく人材育成の観点から人事査定の有効性を主張する。両者の意見から読者は何をくみ取るか。

ロリ・ゴーラーフェイスブック 人事部門統括

ジャネル・ゲイルフェイスブック 人事ビジネスパートナーズ統括

アダム・グラントペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

PDF論文:6ページ[約483KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない