2017年4月号

年度末の人事査定はもういらない

業績評価から人材育成へ

ピーター・カッペリ

ピーター・カッペリ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

アナ・テイビス

アナ・テイビス

コロンビア大学 人材管理プログラム アカデミックディレクター

どの企業にとってもお馴染みとなっている年度末の人事査定だが、これをやめる企業が増え始めている。いまや米国企業の3分の1が年次の人事査定をやめたという推計もある。テクノロジー企業やプロフェッショナルサービス企業で始まったこの動きは、もはや一時的な流行に留まらず、現在の事業環境を反映した変革といえそうだ。過去の業績評価から人材育成へと舵を切り出した新たな動きについて、その必然性と移行に伴う課題を交え、将来の可能性を説く。

ピーター・カッペリペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

アナ・テイビスコロンビア大学 人材管理プログラム アカデミックディレクター

PDF論文:15ページ[約804KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない