2008年6月号

人材マネジメント失われた半世紀

SCMを応用した「新」人材育成論

ピーター・キャペリ :ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

ピーター・キャペリ

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

実は、人材育成手法のほとんどが、半世紀前に開発されたもので、いずれも、確実性の高い環境に適した組織人を育成する手法である。しかし、いまや不確実性は高く、製品も人材も需要予測できない。しかも、幹部社員の離職率が一〇%に達するという状況に合っているとは言いがたい。また、人材育成投資の効果を問う声はますます強まっている。社内で人材を育成していては時間がかかりすぎるし、リスクも高すぎる。中途採用はコストがかさみすぎるうえに、組織を分裂させやすい。SCMの知恵を活用することで、このような問題を解決し、新しい人材マネジメントを開発することができる。

ピーター・キャペリペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,071KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない