東西2正面から攻め込まれる
「ドイツ第三帝国」?

琴坂将広(ことさか・まさひろ)
慶應義塾大学 総合政策学部 准教授慶應義塾大学環境情報学部卒業。在学時には、小売・ITの領域において3社を起業。2004年から、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京およびフランクフルト支社に在籍。2008年に同社退職後、オックスフォード大学サィードビジネススクール、立命館大経営学部を経て、2016年から現職。博士(経営学・オックスフォード大学)。専門は国際化戦略。著書に『領域を超える経営学-』、共編著に『マッキンゼーITの本質』(以上、ダイヤモンド社)、分担著に『East Asian Capitalism: Diversity, Continuity, and Change』(オックスフォード大学出版局)などがある。フランス国立社会科学高等研究院の日仏財団アソシエイト・フェロー、アピリッツ社外取締役、およびユーザベース社外監査役を兼務。

楠木:僕の立ち位置は末期のドイツ第三帝国みたいもので、西側の実務家からは「机上の空論」と言われ、東側の研究者たちには「理論がない」と言われ、東西双方から攻め込まれる(笑)。やろうと思えば、いまでもアカデミックなジャーナルに載っけることはできるかもしれない。ただ、やる気がない(笑)。大学は基本的に経営学の評価基準で動いている組織ですので、まあまあ肩身が狭い(笑)。ただ、もうこの年まで経営論という「学芸」をやってきて、いまさらアカデミックなインナーゲームに再参入するつもりはありません。

琴坂:ただ、それをやらないと学者として生き残れない。ありがたいことに、私はおそらく純粋な研究者とは異なる価値基準で評価をいただいているので、生き残っています。ただ、純粋な研究者としてキャリアを進んでいる人が「論文の数は気にしない」とおおっぴらに話していたら、この世界からつまはじきにされてもおかしくはありません。特に最近は、欧米から3周遅れぐらいで、査読付き論文の引用件数やインパクトファクターといった議論が日本でも盛んに取り上げられるようになってきたので、その傾向は強いと思います。

楠木:東のスターリンに叱られる(笑)。でも、それぞれの立場で相手を批判的に思うのは仕方のない面もあります。なぜなら、経営論も経営学もピンキリで、尊敬に足る仕事はそう多いわけではない。経営論にも有象無象があります。いま旬のビジネス本でも、5年経ったら誰も覚えていないようなものが少なくありません。

 一方、学術的な雑誌に採用された論文が全部素晴らしいかというと、もちろんそうではない。とにかく自分の業績リストを長くするためだけにやっている人もいます。「自分以外の誰かのためになること」。これが仕事の原理原則だと思いますが、端から自分だけを向いている。こうなると、仕事ではなくてもはや趣味ですね。

琴坂:本当にそうですね。トップジャーナルに載せた人がどうやって載せたかというプレゼンテーションを何度か聞いたことがあります。一度驚いたのが、 冒頭から該当する研究領域の編集者と査読者の一覧を載せて、その人たちがどういう研究者か、どういう研究が好みかという説明を連綿と語る解説でした。その後には、そのジャーナルの査読の傾向と対策、これから流行が予想される研究のトピックと調査手法が推奨されていました。なんというか、大学受験と同じで、試験を突破することにすべてがエンジニアリングされていて、個人的には最も大切だと思う、何に対する興味から研究したのか、その研究の社会的な意義が何かが、さっぱり抜け落ちているように感じました。

楠木:SEOみたいなもの。

琴坂:そうです。SEOとまったく変わりません。ただ、その理由も理解できます。載せるか載せないかで報酬も昇進も決まるからです。載せなければ、人間として扱われないし、そもそもある時点で仕事がなくなる。そういうゲームをするようにインセンティブが設計されています。私はもう少し広い世界を見てきたので、この重圧にさらされてもある程度は平気な顔をしていられますが、それでも出版への焦りはもちろんあります。

楠木:そういうものなんですよね。そうした基準を若い時に植え付けられて、人よりも優れていることを示すためにそれをやらなければいけないと前のめりになる。

琴坂:経営論も似たようなところがありますよね。時流に乗ったテーマをどんどん出版している人がいて、そうした人の本はたしかに売れて、そうではない大半の本は半年も経たずに消えていく現実があります。

楠木:その通りです。ですから、経営学と経営論それぞれに、良いもの、価値があるものを見るのが大切ですね。アカデミックな経営学をやっている研究者であれば、どうしても経営論の有象無象に目が向いて、やっぱり厳密な学問でないとダメだと思ってしまう。一方で、経営論をやっている人は、学術雑誌に載っている論文は体裁は整っているけれども面白くない、となってしまう。これはよくないですよね。

琴坂:そうですね。私が意識しているのは、良いものを積極的に紹介することです。経営戦略の連載では、まずは歴史を紐解いて、孫子をはじめエポックメーキングになったものはすべて紹介しました(第3回)。ポーターのファイブ・フォース分析も、その土台にあるクオリティが極めて高い論文をちゃんと理解してもらえば、経営論側の見方が変わるのではないかと期待しています(第4回)。資源ベース理論やコア・コンピタンスの解説についても、その形成過程を学術論文にまで踏み込んで、ていねいに解説しました(第5回)。フレームワーク自体の議論はもう十分なので、理論と理論をちゃんとブリッジしていきたいなと考えています。

楠木:そのブリッジをかけていく作業は、あくまで学術研究ではなく、経営論、実学としてのお仕事という位置づけですか?

琴坂:ある意味では経営論なのかもしれませんが、これは教育活動の一環というほうが正しいかもしれません。私は、経営学と経営論の対立に問題意識を持っています。その対立を解消するために、大学での経営戦略の授業も、アカデミックな話をしたあとで実務の話をします。自分の中では、それは研究や発信というよりも、これでお金をもらっているんだから少しは社会に還元しようという気持ちが強いです。

楠木:素晴らしい志ですね。僕は自分自身でトレードオフを強く意識するほうなので、なかなかそこまでできません。本日はありがとうございました。琴坂さんとの議論は、とても勉強になりました。

琴坂:私も大変勉強になりました。本当にありがとうございました。
 

 

【著作紹介】

『領域を超える経営学』(琴坂 将広:著)
マッキンゼー×オックスフォード大学Ph.D.×経営者、3つの異なる視点で解き明かす最先端の経営学。紀元前3500年まで遡る知の源流から最新理論まで、この1冊でグローバル経営のすべてがわかる。国家の領域、学問領域を超える経営学が示す、世界の未来とは。

ご購入はこちら
Amazon.co.jp紀伊國屋書店][楽天ブックス

 

『ストーリーとしての競争戦略』(楠木 建:著)
大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながら仕方なくつらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくるということなのだ。本書では、多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から、究極の競争優位をもたらす論理を解明していく。

ご購入はこちら
Amazon.co.jp紀伊國屋書店][楽天ブックス