人を大切にする経営が
永続企業のカギ

 「よくこうした話をすると、『そんな甘いやり方ではダメだ』という声も聞きますが、各タイプの上司が部下にかける声かけを見ると違いがわかりやすいでしょう」と青木氏は言う。

外的コントロールの上司:「なぜこんな失敗をしたんだ」「次やったらもう二度とないぞ」。

甘い上司:「(特に原因の詳しい究明をせずに)まあ仕方ないよ」。

内的コントロールの上司:「できなかった理由ではなく、どうしたらできるかを一緒に考えよう」「もう一度やるとしたらどうする?」「何か自分が支援できることはあるかな?」。

 「甘い上司は、部下から嫌われないことが最大の目的であり、仕事の改善に向かっていません。内的コントロールの上司は、甘い手法なのではなく、恐れを排除しながらも常に視点は改善と成果に向かっています。つまり内的コントロールは成果と人間関係の両立を目指したマネジメント手法といえるのです」(青木氏)。もちろんよい水質をつくっても、そもそも魚がそれぞれに合った海域に存在するように、その会社の企業理念とビジョンに共感しているかも主体性を発揮するかに関わってくる。それゆえに新卒採用も重要であることを付記しておく。

 青木氏は『人を大切にする経営学会』常任理事、『日本でいちばん大切にしたい会社大賞』審査委員を務めている。「これまで、4000人を超える経営者に理念経営をお伝えしてきましたが、長期的に発展する企業の共通法則は、間違いなく『人を大切にする企業』です。経営の目的は利潤の追求ではなく縁ある人を幸せにすることであると言い続けてきましたが、確信は毎年深まっています。人を大切にし、『三方よし』の経営を貫けば、利益は結果としてついてきます」(青木氏)。手法とスキルも確かに大切であるが、リーダーの「あり方」が、水質づくりの最大のカギであることは忘れてはならない。

 

記事内で紹介した「水槽理論」や「選択理論心理学」について、わかりやすく解説しているのが、青木氏の著書『松下幸之助に学んだ「人が育つ会社」のつくり方』。「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、人材育成の真髄をまとめています。

>>>試読版をこちらからご覧いただけます

>>>詳細はこちら

 

 

<PR>