2008年6月号

中年期マネジャーの心得

【1969年度マッキンゼー賞受賞論文】心身の転換期をいかに乗り切るか

ハリー・レビンソン :ハーバード・メディカルスクール 名誉教授

ハリー・レビンソン

ハーバード・メディカルスクール 名誉教授

中年期とは、だれもが遅かれ早かれ経験する、ごく当たり前の、しかし危機的な時期である。人は中年期になると、突然、人生に残された時間に気づき、焦燥と諦観にさいなまれる一時期を経験する。中年期にある組織の幹部社員が経験する変化は、健康面だけでなく、仕事の仕方、物の見方、家族関係、目標に及ぶ。それはショックに適応するための時間であり、この時、適応できず、成熟できなければ、組織にとって迷惑な病変のような存在になる。一方、適応し、賢明な道を進めば、組織の資源になる。

ハリー・レビンソンハーバード・メディカルスクール 名誉教授

PDF論文:16ページ[約2,215KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない