2017年3月号

自動車産業はどこへ向かうのか

【戦略】[インタビュー]自動運転、電気自動車、移動オフィス……

カルロス・ゴーン :ルノー・日産アライアンス 会長兼CEO

カルロス・ゴーン

ルノー・日産アライアンス 会長兼CEO

ルノー、そして日産自動車のCEOを11年間にわたって務めてきたカルロス・ゴーンは、いまや自動車業界の「顔」である。しかし最近はテクノロジーの劇的な進歩とともに、テスラモーターズやグーグルなどの強力な新規参入者が相次ぎ、自社の革新性の維持に心を砕いている。ルノーと日産の2社合計で数十億ドルを電気自動車の開発に投じ、2010年にはその完成車の販売に打って出た。2016年には不祥事に揺れる三菱自動車に2億ドルを出資して傘下に置いた。ルノー、日産、三菱の3社合計の販売台数は年間1000万台に迫り、世界4位の自動車会社となる。一連の積極策の背景や今後の展望、そして自動車業界の未来について、HBR編集長のアディ・イグナティウスが迫った。

カルロス・ゴーンルノー・日産アライアンス 会長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,770KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2008年6月号

組織で女性の力を生かす

ジェンダーフリーの論点

石倉 洋子 一橋大学 名誉教授

小池 百合子 衆議院議員

國井 秀子 リコーソフトウエア会長

本広 好枝 日産自動車インド事業室長

佐々木 かをり イー・ウーマン代表取締役社長

内永 ゆか子 ベネッセコーポレーション取締役副会長

和田 浩子 Office WaDa代表

ロイ・アドラー ペパーダイン大学教授

リンダ・バブコック カーネギーメロン大学ジェームス M. ウォルトン記念講座教授(経営学を担当)であり、社会・意思決定科学部学部長。

サラ・ラシェバー ライター

ミシェル・ジェルファンド メリーランド大学教授

デボラ・スモール ペンシルバニア大学ウォートン・スクール助教授

キム・キャンベル 元カナダ首相

グローバル・アントレプレナーシップ・モニター 

シーラ・ウェリントン 元カタリスト理事長

マーシア・ブルーミット・クロップフ 元カタリスト副理事長

ポーレット・R・ジャーコビッチ ブーズ・アレン・ハミルトン シニア・マネジャー

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない