2008年6月号

女性プロフェッショナルのキャリア開発

女性アナリストへの調査が明かす

ボリス・グロイスバーグ :ハーバード・ビジネススクール 准教授

ボリス・グロイスバーグ

ハーバード・ビジネススクール 准教授

二〇〇四年、一〇〇〇人以上の花形アナリストを調査したところ、転職後のパフォーマンスと転職先の企業価値が急落していたことから、我々は「スター・プレーヤーの中途採用は危険である」と警鐘を鳴らした。ところが、全体の一八%を占める女性アナリストたちは転職後も、その地位とパフォーマンスを維持していた。彼女たちは社外での人脈づくりに腐心する一方、キャリアが正当に評価される職場を選択するなど、自身のキャリアを防衛していた。女性アナリストの活躍を後押ししたゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズでは、組織のパフォーマンスと顧客満足が安定し、企業価値が高まった。

ボリス・グロイスバーグハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:10ページ[約1,003KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない