2008年6月号

なぜ女性リーダーが少ないのか

【二〇〇七年度マッキンゼー賞受賞論文】「ガラスの天井」ではなく「キャリアの迷宮」が問題

アリス・H・イーグリー

アリス・H・イーグリー

ノースウェスタン大学 心理学部 教授

リンダ・L・カーリ

リンダ・L・カーリ

ウェルズリー・カレッジ 心理学部 客員准教授

女性の進出はさまざまな分野で進んでいるが、企業の執行役員クラスとなると、とたんに少なくなる。「フォーチュン五〇〇」では、わずか六%足らずで、EUなど他の先進国でも、似たり寄ったりの状況である。このような状況については、かつて「ガラスの天井」と表現されたが、実際には、女性への偏見の名残、女性リーダーへの反発、家庭との両立など、さまざまな要因が絡み合っており、むしろ「迷宮」と呼ぶべきである。では、女性リーダーの比率を高めるには、どのような施策が効果的だろうか。現状について詳しく分析したうえで一二の対策を提案する。

アリス・H・イーグリーノースウェスタン大学 心理学部 教授

リンダ・L・カーリウェルズリー・カレッジ 心理学部 客員准教授

PDF論文:16ページ[約2,318KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない