2008年7月号

戦略を全社員と共有する経営

単純明快な戦略ステートメントがカギ

デイビッド・J・コリス

デイビッド・J・コリス

ハーバード・ビジネススクール 非常勤教授

マイケル・G・ルクスタッド

マイケル・G・ルクスタッド

元 ハーバード・ビジネススクール 准教授

戦略とは何か、経営陣以下全社員が誤解している企業がいまなお多い。社是社訓、ビジョンや行動規範は、およそ戦略ではない。この誤解によって、社内には混乱や対立が生じる。戦略ステートメントは「目標」「活動範囲」「優位性」が具体化されており、特に何をするかだけでなく「何をしないか」がだれにでも明らかなものでなければならない。

デイビッド・J・コリスハーバード・ビジネススクール 非常勤教授

マイケル・G・ルクスタッド元 ハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:15ページ[約1,583KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない