2017年2月号

「コレクティブ・インパクト」を実現する5つの要素

【戦略】CSVはエコシステム内で達成する

マーク R. クラマー

マーク R. クラマー

FSG 共同創業者兼マネージングディレクター

マーク W. フィッツァー

マーク W. フィッツァー

FSG マネージングディレクター

今日、企業経営ではCSV(共通価値の創造)、すなわち社会的便益を生む方法で経済的成功を目指すことが不可欠になっている。だが、現実には企業が単独で実現できることは少ない。どの企業もエコシステムの中に存在し、社会情勢や政策の変化による市場縮小や協力企業の低迷などの影響を受けるからである。そうした制約を超えるためには、政府やNGO、地域社会との協働を進める新たなフレームワークが必要だ。その一つとして注目したいのが「コレクティブ・インパクト」というアプローチである。本稿では、その原理を分析し、基本要素について検討していく。

マーク R. クラマーFSG 共同創業者兼マネージングディレクター

マーク W. フィッツァーFSG マネージングディレクター

PDF論文:13ページ[約1,804KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない