2008年7月号

製造業がサービスで儲ける秘訣

EU企業のスタディから学ぶ

ベルナー・ライナルツ

ベルナー・ライナルツ

ケルン大学 教授

ウォルフガング・ウラガ

ウォルフガング・ウラガ

HECスクール・オブ・マネジメント 准教授

EUの製造業二〇社のサービス事業について調べたところ、サービスの利益が製品よりも大きい企業と採算すら危うい企業に二極分化された。この差を生み出している原因は、サービス事業を企画・開発する方法の違いにあった。フランスのエア・リキード、シュナイダー・エレクトリック、フェンウィック・リンデ、スウェーデンのSKFなど、試行錯誤しながらも、ついにはサービス事業をみごと開花させ、その高い利益率を享受している企業を紹介しながら、サービスの事業化の四ステップを解説する。

ベルナー・ライナルツケルン大学 教授

ウォルフガング・ウラガHECスクール・オブ・マネジメント 准教授

PDF論文:10ページ[約1,101KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない