2017年1月号

統計学はどこまで未来を予測できるか

部分から全体を読む技術

神永 正博 :東北学院大学 教授

神永 正博

東北学院大学 教授

統計学に基づいた統計的手法とは、データを分析し、部分から全体を推測する技術である。この「推測する」ところに注目されてか、統計学は未来予測の道具と考えられやすい。しかし、そもそもデータの少ない地震などは発生予測が難しく、株価変動など人間の営みが関わる事象は、非線形な変化がほとんどで、統計学的な推測には不向きである。では、統計学には何ができるのか。またITの進化でデータの収集が容易になったいま、統計学にはどのような可能性があるのだろうか。

神永 正博東北学院大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない