2017年1月号

10年先を考えて、やるべきことをやる

【インタビュー】「攻め」の姿勢で未来を模索する

大西 洋 :三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員

大西 洋

三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員

ネットの影響や生活者の価値観の変化から縮小を続ける百貨店業界。未来を予測すると、自社の変革を急がなければならないが、足下の現業の立て直しも求められる。業界構造が崩れつつある中で、果敢に新しい取り組みに挑戦するのが、三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長である。前年割れが続いても、10年先を見据えた取り組みには手を緩めない。不確実な未来に対し「攻め」の姿勢を崩さない、その経営哲学を聞く。

大西 洋三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない