2008年7月号

中国とインド:二国間シナジーの力学

日米欧企業もビジネスモデルに生かせ

タルン・カナ :ハーバード・ビジネススクール 教授

タルン・カナ

ハーバード・ビジネススクール 教授

中国側のチベットとインド側のシッキムを結ぶナトゥ峠が、四四年ぶりに開放された。この出来事に象徴されるように、中国とインドは、かつての蜜月の関係へと急速に戻りつつある。しかも両国は、相手の長所を利用しながら、みずからの短所を補い、きわめて効果的に経済成長を推し進めている。日欧米の企業は次なる成長源を求めて、中国はもとより、インドにこぞって進出し始めているが、これら両国が生み出しているシナジーを活用するには至っていない。GEやマイクロソフトなどは、このシナジーの存在をいち早く理解し、この力をテコにしたビジネスモデルを構築している。中国とインドが生み出すシナジーをうまく利用できるかどうかが、これら二大市場のポテンシャルを引き出すカギであり、成長のブースターとなるだろう。

タルン・カナハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:15ページ[約2,427KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない