2017年1月号

戦略オプションの3つの活用法

投下資本を節約し判断期間を最大限延期できる

ジョージ・ストーク,Jr.

ジョージ・ストーク,Jr.

ボストン コンサルティング グループ シニアアドバイザー兼フェロー

アシシュ・アイヤー

アシシュ・アイヤー

コンサルティング グループ シニアパートナー

競争が激しく市場環境が不安定な今日、企業は事業の不確実性へのヘッジ策として「戦略オプション」をもっと活用すべきだ。金融オプションが投資家をリスクから守り、相場変動においても利益を上げられるのと同じく、戦略オプションは需要急変など予期せぬ事態に直面しても企業に成功の可能性を確保する。事前調査し、資本を節約し、情勢がはっきりするまで最終判断を遅らせることができる。鉱業権のオプションの購入、新しい航空機の納入枠の確保など以前から広く使われている戦略オプションもあるが、あまり知られていなかったり、活用されていなかったりするものもある。本稿でスポットを当てる「臨時組織」「予備的買収」「使い捨て工場」の3つもそうだ。

ジョージ・ストーク,Jr.ボストン コンサルティング グループ シニアアドバイザー兼フェロー

アシシュ・アイヤーコンサルティング グループ シニアパートナー

PDF論文:8ページ[約862KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない