2017年1月号

「計画的な日和見主義」のすすめ

弱いシグナルから非線形変化をつかむ

ビジャイ・ゴビンダラジャン :ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

ビジャイ・ゴビンダラジャン

ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

技術の進歩もグローバル化の進展も速い現代にあって、戦略の舵取りは難しい。そこで筆者が勧めるのは「計画的な日和見主義(オポチュニズム)」である。これは、未来は予測不能であって非線形の変化や偶然の出来事によって形づくられるものと認識する一方で、購買層や技術、顧客の嗜好や経済や環境面など、戦略を左右するさまざまな要素における弱いシグナルに着目し、リーダーが取るべき対応をしっかり見定めることである。ハズブロ、マヒンドラ・グループ、IBMなど、「計画的な日和見主義」の戦略で成功した企業の事例を紹介しながら、未来に対峙する方法を論じる。

ビジャイ・ゴビンダラジャンダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:11ページ[約1,036KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない