2017年1月号

超予測力:未来が見える組織

不確実な時代における競争優位の源泉

ポール J. H. シューメーカー

ポール J. H. シューメーカー

元 ペンシルバニア大学 ウォートンスクール リサーチディレクター

フィリップ E.テトロック

フィリップ E.テトロック

ペンシルバニア大学 教授

自社の新製品に競合他社がどのような対応をするか、販促活動はどれくらい売上増につながるか、採用した人材は期待通りに活躍できるのか……すべての企業がいま、先を読み切れない状況下において、重要な意思決定を求められている。言い換えれば、自社の予測精度が競合と比較して精緻であるほど、それは競争優位につながるともいえる。筆者による長年の研究と実務経験によって、組織の予測能力を高め続けるためには、個人の予測能力を訓練によって伸ばすこと、チームを活用すること、予測の成績を追跡して迅速にフィードバックすること、が不可欠であると明らかになった。本稿では、その具体的な要件が示される。

ポール J. H. シューメーカー元 ペンシルバニア大学 ウォートンスクール リサーチディレクター

フィリップ E.テトロックペンシルバニア大学 教授

PDF論文:11ページ[約1,427KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない