2008年7月号

業績改善の事業診断法

短期間で収益力向上を実現させる

マーク・ゴットフレッドソン

マーク・ゴットフレッドソン

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

スティーブ・シャウバート

スティーブ・シャウバート

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

エルナン・サエンス

エルナン・サエンス

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

短期間で業績改善することを求めるプレッシャーは年々高まっている。しかし、関係者がその経験と知識を持ち寄り、無手勝流に取り組んでも結果は見えている。やはり、事実に基づく的確な診断が欠かせない。本稿では、「経験曲線」「ABC」(活動基準原価計算)、「ROA/RMSチャート」「SNAPチャート」「NPS」(推奨者の正味比率)、「プロフィット・プール・マップ」「モデルTチャート」「RAPIDモデル」など、ベイン・アンド・カンパニーによる、業績改善の体系的な方法を紹介する。

マーク・ゴットフレッドソンベイン・アンド・カンパニー パートナー

スティーブ・シャウバートベイン・アンド・カンパニー パートナー

エルナン・サエンスベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:18ページ[約2,014KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない