2016年12月号

ホラクラシーの光と影

“自主管理”の正しい導入法

イーサン・バーンスタイン

イーサン・バーンスタイン

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ハーバード・ビジネス・スクール組織行動ユニットのエドワード W. コナード記念講座准教授で、企業経営学を専門とする。共著にThe Impact of the "Open" Workspace on Human Collaboration, Royal Society, 2018.(未訳)がある。ツイッター:@ethanbernstein。

ジョン・バンチ

ジョン・バンチ

ザッポスドットコム CEOアドバイザー

ニコ・キャナー

ニコ・キャナー

インカンデセント 創業者

マイケル・リー

マイケル・リー

ハーバード・ビジネス・スクール 博士課程

ザッポスやエアビーアンドビーが導入していることで知られる自主管理型組織、ホラクラシー。「フラットな職場環境が柔軟性と職場の関係性を深める」という評価もある一方で、「昇進と報酬制度、責任の所在が曖昧で不透明」という体験者からの声もある。ホラクラシーをはじめとする自主管理型の組織の特徴や利点、課題など、さまざまな観点から分析し、適切な採り入れ方について論じる。

PDF論文:19ページ[約2,174KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない