2016年12月号

会計操作を統計学と心理学の活用で見抜く

【会計】企業の財務報告が抱える難題とその対処法

H. デイビッド・シャーマン

H. デイビッド・シャーマン

ノースイースタン大学 教授

S. デイビッド・ヤング

S. デイビッド・ヤング

INSEAD教授

過去多くの改革にもかかわらず、企業会計にはいまだ不透明さがつきまとう。経営者による身勝手な会計操作は減ることがないうえに、事業の競争環境が激変して従来の業績指標の欠陥が顕著になっている。そこで本稿では、財務報告をめぐる最近の深刻な状況、具体的には収入認識に関する新ルールの課題、非公式な指標の蔓延、会計基準ごとに異なる資産価値の評価、さらには業績数値を歪める狡猾な経営手法に光を当てる。会計監査の視点から問題を見極めるのは難しいが、統計学と心理学の活用による対処法の研究が進んでいる。

H. デイビッド・シャーマンノースイースタン大学 教授

S. デイビッド・ヤングINSEAD教授

PDF論文:10ページ[約1,005KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない