2016年12月号

業界を超えたチームで成功する法

イノベーションに必要な知の交流を活かす

エイミー C. エドモンドソン :ハーバード・ビジネス・スクールのノバルティス記念講座教授

エイミー C. エドモンドソン

ハーバード・ビジネス・スクールのノバルティス記念講座教授

リーダーシップと経営論を担当。著書にThe Fearless Organization(未訳)、共著書にBuilding the Future(未訳)がある。

イノベーションを生み出すため業界を超えたコラボレーションが、あらゆる企業や組織で必要になっている。だが、こうした業際型チームでは畑違いの専門知識や価値観が混ざり、それが要因となって問題が起き、成果を出すのが難しくなっている。この課題を克服するには、メンバーがお互いのことをきちんと理解してそれぞれの見識を生産的に共有できるように、リーダーが働きかける必要がある。それが本稿で明らかにする「4つの慣行」すなわち、(1)順応性のあるビジョンを育てる、(2)心理的安全を実現する、(3)専門知識の共有を促進する、(4)エグゼキューション・アズ・ラーニング(実践しながら学ぶ姿勢)を推進する、である。この4つの慣行の有効性と実際に適用する際のコツを、具体例を交えて詳述していく。

エイミー C. エドモンドソンハーバード・ビジネス・スクールのノバルティス記念講座教授

PDF論文:13ページ[約1,245KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない