2016年12月号

メンバーを変えずにチームで変革を進める法

限られたリソースを活かし切る

マイケル D. ワトキンス :ジェネシス・アドバイザーズ 会長 兼 IMD教授

マイケル D. ワトキンス

ジェネシス・アドバイザーズ 会長 兼 IMD教授

変革を任されるリーダーの多くは、ゼロから新たにチームをつくるのではなく、前任者のチームを引き継いで業務に当たる。チームを引き継ぐに当たり、リーダーはまず、現状をはっきり理解するために、自分が受け継いだ人材の価値とチーム力学を見極めなくてはならない。次の仕事は、必要に応じてチームを再編するために、メンバー構成、目的意識や方向性、業務手法、行動特性などを新鮮な目で見つめることである。最後に、早期に成果を上げるチャンスを探り当て、それを確実にものにするためのプランを練れば、短期間でチーム構築と成果向上を成し遂げられる。本稿では、これらのプロセスについて論じていく。

マイケル D. ワトキンスジェネシス・アドバイザーズ 会長 兼 IMD教授

PDF論文:11ページ[約2,603KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない