2016年12月号

多様なメンバーの「違い」に気づく技術

仕事開始前の「5つの会話」で摩擦の芽をつむ

ギンカ・トーゲル

ギンカ・トーゲル

IMD 教授

ジャン=ルイ・バルスー

ジャン=ルイ・バルスー

IMD シニアリサーチフェロー

チームで仕事をする場合、時に意見が対立するのは必然である。ただしメンバーのさまざまな違いを、仕事始めの前に明らかにしておけば、破滅的な対立を回避できる。筆者たちは25年間の研究や調査に基づいて、このための具体的な方法を開発した。人物の見方、行動の仕方、話し方、考え方、感じ方の5つの領域に重点を置いた会話法である。リーダーが会話の進行役を務めながら、メンバーに対して、嗜好や期待を表明して摩擦が起きやすい領域を特定し、異なる期待を持った人々がうまくやっていくための提言を考えるよう促すのだ。これによりチームは信頼の基礎を築き、協力のための基本ルールを定めることができる。

ギンカ・トーゲルIMD 教授

ジャン=ルイ・バルスーIMD シニアリサーチフェロー

PDF論文:9ページ[約817KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない