2008年8月号

プライベート・エクイティの戦略行動

PEファンドに学ぶ(2)

フェリックス・バーバー

フェリックス・バーバー

アシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センター ディレクター

マイケル・グールド

マイケル・グールド

アシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センター ディレクター

資金調達と政府の監督強化の面で環境は厳しくなっているにもかかわらず、非公開商品に投資するファンドであるプライベート・エクイティ(PE)は急激な成長を続けている。上場企業には避けられないM&Aに関わる制約の多くを免れることができるために、PEは高利回りを実現可能な面はあるが、そのことだけで、PE流の投資手法は自社に適用できないと思うのは早すぎる。上場企業は「売却目的の買収」「フレキシブル・オーナーシップ」というPEの二つの洗練された戦略を学ぶことによって、さらなる収益の高みを目指せる。

フェリックス・バーバーアシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センター ディレクター

マイケル・グールドアシュリッジ・ストラテジック・マネジメント・センター ディレクター

PDF論文:15ページ[約1,800KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない