描いたあとも途切れることのない集中力

 このワークショップはもともと、「絵はもっと自由に描いていい」という思いを伝えようと子ども向けに考案され、2002年に始まったといいます。その後、それを大人向けに実施できないかという要請があり、2004年から大人向けにアレンジしたワークショップがスタートします。今では、企業向けにアレンジした「Vision Forest」という組織変革アプローチとして発展、2015年には参加者がのべ1万人を突破したといいます。

 ワークショップを共同で提供するのは、アート教育の企画・運営やアーティストのマネジメントを行う株式会社ホワイトシップ、それにビジネスコンサルティングサービスの株式会社シグマクシスです。本誌の連載「リーダーは『描く』」では、両社の全面協力のもと実際にワークショップを実施し、その様子を記事化しています。

 ワークショップは、kuniさんによる描き方の説明を経て、いよいよ実際に描く段階に進んでいきます。テーマは「働くうえで大切にしていること」。心に浮かんだ思いを色と形で画用紙に表現していきます。まずはその手がかりとして、ワークシートに「ことば」で書いていきます。そうすることで、イメージをふくらませていくのです。

 画用紙選びも重要な要素です。参加者は、12色の画用紙から自分のイメージに合った色を選ぼうと立ち上がりました。しかし、初めて参加する3人は、自分のイメージを表現するベースとなる色を選びあぐね、考え込んだまま手が伸びません。そのとき、南さんはまだスタッフと雑談を交わしています。話題はなぜかダイビング。

 最初に画用紙を手に取ったのは、青色を選んだ本田さんでした。続いて古野さんがやまぶき色、荒井さんが黄色を手に取りました。南さんは最後にのっそりやって来て、緑色の画用紙を手にして席につきました。

「最初の一筆は緊張しますね」

 そんな古野さんのひと言が、初参加の3人の心境を表しているようでした。とはいうものの、3人はそこからはほぼ迷うことなく、頭に浮かんだイメージをどんどん画用紙に描きつけていきます。南さんも、この段階までは冗談や軽口で場を和ませていましたが、いざ描きはじめると表情が引き締まり、描くことに没頭しはじめました。

 しばらく見ていると、参加者の描く姿が2つに分かれることに気づきました。

 南さんと本田さんは、力強い筆致でパステルを画用紙に乗せ、指で画用紙をこする動作も強く大胆なため、描くプロセスにおいて大きな音が響いています。対照的に、古野さんと荒井さんはパステルの扱いも指でこする動作もソフトで繊細、穏やかに描いているため静かな作業風景です。両サイドの絵を見ると、その違いが如実に表れています。南さんと本田さんの絵はシャープで力強い印象を、古野さんと荒井さんは淡く優しい印象を醸し出しているように見えました。

 画用紙を選んでから30分後、南さんと本田さんが手を止めました。その6分後に古野さんが、さらに2分後に荒井さんが手を止めました。このワークショップでは、長谷部さんもkuniさんも「最低でも40分は描いてください」と伝えています。その程度の時間をかけないと、思いがけないものが出てこないからです。しかし今回は、全員が40分を前に描き終えてしまいました。かといって、いい加減に描いたわけでもなく、描くことを諦めたわけでもありません。全員が「描き切った」ように見えました。

 ところが、そこからがこれまでのワークショップとは異なります。

 ワークショップでは、描いた絵を額に入れ、それを自ら鑑賞してさまざまな思いをワークシートに記入していくプロセスがあります。通常はこの作業に多くの時間を割くことはありませんが、今回はこの時間が長かったのです。ただ長い時間をかけたというわけではなく、参加者全員が鋭い眼つきで自分の絵を凝視し、何か感じることが浮かべてはペンを動かす作業を続けていく。その積み重ねの質と量が、長い時間を必要としたのです。

 ほかのスタッフも、この感覚を強く抱いたようです。ホワイトシップとワークショップを共催するシグマクシスの斉藤立さんはこう言います。

「描いたあと、これほど集中力が途切れない組織はなかなかありません。昔からビズリーチさんはすごい組織だと思って見ていましたが、改めてそれを実感しました」

 kuniさんも続けます。

「こんなに長かったのは、かつてほとんどありません。ということは、自分のアウトプットしたものを自分で感じ、見直したりおさらいしたりする姿勢が強いのでしょう。ワークシップに入り込んでいる感じが、すごくよかったです」

 自らの内面に真剣に向き合い、描くことに入り込んだビズリーチのみなさんの絵。そこには、どのような思いが込められているのでしょうか。