2016年11月号

あなたは「24時間働く」仕事人間になれるか

プレッシャーの強い職場で生き残る3つの方法

エリン・リード

エリン・リード

ボストン大学 クエストロムスクール・オブ・ビジネス 助教授

ラクシュミ・ラマラジャン

ラクシュミ・ラマラジャン

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

シリコンバレーのIT系スタートアップ、ウォール街の投資銀行等々、超多忙な組織が増えている。こうした組織では、従業員は「理想的な働き手」すなわち、24時間仕事に黙々と打ち込む人材になることが求められる。このためには、仕事を他の何よりも優先させなければならず、そしてこの状況に異を唱えることはなかなか難しい。本稿では、こうしたプレッシャーのきつい職場で生き残るための3つの対策を解説するとともに、もっと優れた解決策を模索する。

エリン・リードボストン大学 クエストロムスクール・オブ・ビジネス 助教授

ラクシュミ・ラマラジャンハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF論文:9ページ[約870KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない