2016年11月号

イノベーションは「ありふれた光景」にある

【イノベーション】認知バイアスの克服法

トニー・マキャフリー

トニー・マキャフリー

イノベーション・アクセラレーター CTO(最高技術責任者)

ジム・ピアソン

ジム・ピアソン

イノベーション・アクセラレーター CEO

斬新な解決策やイノベーションを発想する力が乏しいという悩みを抱える企業は多い。これは、ふだん使っているやり方や目的でしか物事をとらえられない認知バイアスが影響している場合が多い。とりわけ障害となるのが、機能的固着、デザイン固着、目標固着という3つのタイプのバイアスだ。その克服には、特別な才能やずば抜けたクリエイティビティは不要だ。複数のツールを組み合わせて適切に使えば、これまで見落としていた側面から簡単かつ体系的にアイデア創出が可能になる。本稿では、バイアスを克服する手法と、従来のブレーンストーミングに代わる「ブレーンスウォーミング」でアイデアを見える化する手法を解説する。

トニー・マキャフリーイノベーション・アクセラレーター CTO(最高技術責任者)

ジム・ピアソンイノベーション・アクセラレーター CEO

PDF論文:11ページ[約2,357KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない