2016年11月号

未来を希望に変えるのは誰か

新しい世界を創る5つの法則

瀧本 哲史 :京都大学 客員准教授

瀧本 哲史

京都大学 客員准教授

未来を創る人を予想するのは普通に考えれば無謀である。まして、いま起きているグローバル化とデジタル化に代表されるパラダイムシフトの過程での予想はとても難しいことだ。しかし、実は、パラダイムシフト自体は過去何度も起きており、「かつて未来だった過去」を研究することで、「将来の過去となる未来」を推定することは十分可能なのだ。本稿では、未来を希望あるものとして創造していくための普遍法則について論じていく。

瀧本 哲史京都大学 客員准教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない