2008年8月号

パートナーシップの心理学

三五年、三〇〇〇組の夫婦の分析に学ぶ

ジョン・M・ゴットマン :心理学者

ジョン・M・ゴットマン

心理学者

優れた業績には、上司と部下の人間関係がカギを握る。しかし、職場内の人間関係の力学について、いまだ科学的に解明されていない。ゴットマンは三五年にわたり、何千組もの夫婦を時系列で調査し、家庭内の人間関係について、科学的な研究を重ねてきた。彼は、夫婦に関する知見を、職場に援用することに慎重だが、本インタビューでは、たとえば「プラス面を強調する」「摩擦は必ずしも人間関係を妨げない」「ちょっとした愛着や愛情の積み重ね」など、ゴットマンがその研究から導き出した知見を紹介する。いずれも、職場内の人間関係にも当てはまりそうである。

ジョン・M・ゴットマン心理学者

PDF論文:12ページ[約1,382KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない