2008年8月号

フェア・プロセス:協力と信頼の源泉

【名著論文再掲】組織のやる気を自発的に引き出す

W・チャン・キム

W・チャン・キム

INSEAD 教授

レネ・モボルニュ

レネ・モボルニュ

INSEAD 教授

人は、結果にもこだわるが、それに至るまでのプロセスにもこだわる。つまり、結果が満足できるものでも、そのプロセスに公正さを欠いていれば、やる気を失う。逆に、プロセスが公正で納得できるものであれば、意に沿わない結果でも甘受する。この「フェア・プロセス」の重要性はますます高まっている。人々の協力と信頼関係こそ、組織能力やイノベーションの源だからだ。なお、筆者らが提唱した「ブルー・オーシャン戦略」に取り組むうえでも不可欠なツールである。

W・チャン・キムINSEAD 教授

レネ・モボルニュINSEAD 教授

PDF論文:16ページ[約1,771KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない