2016年10月号

企業買収は与えることで成功する

【経営戦略】M&Aは買収相手を強くすることで高収益を実現

ロジャー・マーティン :トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

ロジャー・マーティン

トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

M&Aの1年間のディール総額が2015年、最高記録を更新した。しかし、M&Aは通常70~90%が失敗に終わる、と多くの調査が示している。なぜか。たいていは、買収先から多くの果実を得ようとして失敗している。また、当該の産業や市場について無知であることも失敗の原因になる。一方、成功するのは、買収する側が買収先企業の競争力を強化できる「何か」を持っている場合である。価値を得ようとするのではなく、与えることで成功する。その方法を4つに分類して詳述する。

ロジャー・マーティントロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:11ページ[約1,862KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない