2016年10月号

21世紀のプラットフォームは誰がつくるのか

求められるのはイノベーションと起業家精神

平野 正雄 :早稲田大学ビジネススクール 教授

平野 正雄

早稲田大学ビジネススクール 教授

我々の経済活動や市民生活のベースには、社会プラットフォームが存在する。そのうえで、企業は事業を起こし、効率的に生産活動を行い、商品を供給する。それを顧客が購入することで企業が利益を生み、成長していくという循環的なエコシステムが形成されてきた。いま、20世紀から現在にかけて存在していた社会プラットフォームが衰退し、エコシステムは疲弊しつつある一方で、新たなプラットフォーム構築の動きが出てきている。21世紀のプラットフォーム構築に企業はいかに関与し、新たなエコシステムをつくり上げるのか論じる。

平野 正雄早稲田大学ビジネススクール 教授

PDF論文:11ページ[約1,672KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない