2016年10月号

なし崩しの規制緩和にいかに対応するか

既存企業の4つの選択肢

ベンジャミン・エデルマン

ベンジャミン・エデルマン

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ダミアン・ジェラディン

ダミアン・ジェラディン

ティルブルフ大学 教授

民泊のエアビーアンドビー、配車サービスのウーバー、動画サイトのユーチューブなど、新たに登場してきたプラットフォームビジネスは法規制の壁を物ともせず、業界の常識を破壊して成長を遂げてきた。規制で縛られている既存企業には不公平に感じられる側面もあるが、もともと技術革新や消費者行動の変化を受けて規制も変わっていくものだ。とりわけ時代錯誤や過度な保護と思しき規制は自然に緩和へと向かう。その流れの中で、既存企業は対応を誤ったりタイミングを逸したりすれば、存亡が危うくなる。本稿では、規制緩和の脅威を受けやすい業界の特徴と、既存企業が取りうる4つの選択肢について論じる。

ベンジャミン・エデルマンハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ダミアン・ジェラディンティルブルフ大学 教授

PDF論文:13ページ[約1,477KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない