2016年9月号

「組織文化を変える」を目標にしてはいけない

【組織文化】結果を出した4人の経営トップが語る

ジェイ W. ローシュ

ジェイ W. ローシュ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

エミリー・マクタグ

エミリー・マクタグ

ハーバード・ビジネス・スクール 研究員

事業の業績が悪くなり、組織に問題があると、すぐに組織文化を変えようという話になる。しかし、筆者らは順序が逆だと言う。組織文化の変革は目的ではなく結果として変わるもの。取り組むべき課題は文化ではなく、経営の課題である。それぞれの経営課題に対処していくことで、組織文化も同時に変わり出すのだ。本稿では、4人の経営トップへのインタビューから、大規模な組織改革に成功した企業が、いかに組織の文化も変わったかを知ることで、組織における文化の役割も深く理解できる。

ジェイ W. ローシュハーバード・ビジネス・スクール 教授

エミリー・マクタグハーバード・ビジネス・スクール 研究員

PDF論文:9ページ[約1,686KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない