2016年9月号

アジャイル開発を経営に活かす6つの原則

【組織のマネジメント】臨機応変のマネジメントで生産性を劇的に高める

ダレル K. リグビー

ダレル K. リグビー

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジェフ・サザーランド

ジェフ・サザーランド

スクラム CEO

竹内 弘高

竹内 弘高

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ソフトウェア開発の生産性を劇的に高めた「アジャイル開発手法」。この手法は近年、幅広い業界や部門で応用されている。導入企業の多くでは、自分の部署に閉じこもる社員が部門横断で仕事をするように変わり、マネジャーが本来の付加価値の高い仕事に注力するようになり、収益性が向上している。そこでは、製品開発と基本業務の両方でイノベーションが加速する。しかし、生半可な知識でこの手法を導入すると、現場が混乱して逆効果となる。本稿では、アジャイル開発手法を正しく活用するための6つの実践法を紹介する。

ダレル K. リグビーベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジェフ・サザーランドスクラム CEO

竹内 弘高ハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:15ページ[約1,386KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない